「なつぞら」第23週「なつよ、天陽くんにさよならを」

なつぞら第23週「なつよ、天陽くんにさよならを」135話(2019/9/04)のネタバレ、感想

前回のあらすじ

天陽が馬の絵を書き終えた朝、畑を見てくると言って畑の中に倒れてしまいます。陽平が神妙な面持ちでなつのところにきて天陽が朝早くに死んだと伝えます。なつがまとまった休みが取れたのは天陽が亡くなって少し経った頃、優を連れてなつは十勝に帰ってきました。天陽の家に訪れたなつは、アトリエに行き天陽の遺作を見て涙を流します。

今回のあらすじ

天陽の馬に絵を見て優はママのお仕事は絵を動かすことでしょ。といいなつは涙します。天陽の父正治は離農をすると剛男に話しますが、靖枝と息子の道夫がこの家に残って農業を続けたいと昔の天陽ように宣言します。正治もそれに同意し、天陽亡き後も家族全員で今の家を守っていくことを誓い合います。なつがアニメーターを辞めるか悩んでいることを天陽の絵にむかって話すと天陽はもう答えは出ていると教えてくれました。

良かった点

天陽が病院から抜け出してきたことを靖枝はわかっていて、天陽が家のある土地に命を撒きたかったんだと話します。その難しい話にも子供達も感じ取っていて、息子の道夫に関しては昔の天陽のようにここにいたいと強い意志を持って訴えます。

天陽が切り開いたこの土地を子供に継いで欲しいとは天陽は一言も話していないのに、靖枝と道夫には伝わっていたのですね。話さなくても伝わってくるものがあったのだと思います。

悪かった点

天陽の父正治は離農すると陽平と話し合って決めていたようですが、靖枝は天陽の気持ちをわかっていて離れたくないと話します。天陽の気持ちをわかりきっている姿を見てなつは涙するのですが、観ていて羨ましいと思っているのではないかと感じました。

自分の知らない天陽を知っている靖枝に対して勝てないなと思った瞬間だったのではないでしょうか。なつと天陽。靖枝と天陽。の間には同じ愛情でも違う深い絆でそれぞれがつながっているなと感じました。

総評

天陽は誰に何を押し付けて亡くなっていたのではなく。自分のやりたいことやり抜きたいことをやって、後悔しないように生きてきたのだと思いました。自分の命が後わずかであることを悟った天陽は最後の力を振り絞り、家族に会いにきた。

天陽の十勝の土地への、家族への熱くて優しい芯の通った想いが優しく伝わってきました。なぜ天陽が早く亡くなってしまわなければならなかったのか?病名が明かされないま終わってしまったのは気になってしまいました。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です