おすすめ映画

アンパンマン映画のおすすめ!世代を超えて愛される傑作5選

子供から大人まで世代を超えて愛され、根強い人気を誇るアンパンマン映画。
でもまだ観たことがない、観たいけどどの作品を選べばいいのかわからない、という人もいるのではないでしょうか。
今回はそんな人のために、子供はもちろん大人が観ても楽しめるおすすめのアンパンマン映画をご紹介したいと思います。

世代を超えて愛されるアンパンマン映画のおすすめ1 「それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島」

公開日・監督・キャスト

【公開】2012年7月7日
【監督】矢野博之
【出演】戸田恵子/木村佳乃/バナナマン

映画 「それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島」のあらすじ

バナナ島のバナナ祭りに招待されたアンパンマンたちはバナナ島へ。
しかし島に着くと雪が降りバナナは枯れ…と何やら様子がおかしく、アンパンマンたちはバナナ島を救うためバナナ山へと向かいますが…

2011年に起きた東日本大震災を受けて作られた作品でテーマは「復興」。
決してあきらめることなく、何度も氷鬼(こおりおに)に立ち向かうアンパンマン。
それを見たバナナ島の人々が逃げるのをやめ、力を合わせて氷鬼に立ち向かう姿が感動的。
そしてバンナちゃんを励まし、守るバイキンマンの男気あふれる姿も印象的。
バイキンマンの優しさとカッコよさが光る作品です。

今回のバイキンマンはとってもいい奴なので、悪いバイキンマンを期待した人にはちょっぴり残念かもしれません。

一人一人の小さな力がいつしか大きな力となりバナナ島を蘇らせる姿を描いた本作は、タイトルからもわかるようによみがえれ、東北!その願いが込められた作品。
仲間たちと協力することの大切さ、友達を励ますことの大切さを教えてくれます。
子供たちだけでなく、大人にもぜひ観てほしい、そしてずっと語り継ぎたい作品です。

映画 「それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島」の口コミ

女性の口コミ
女性の口コミ


娘と観ています。
母となった今もアンパンマンは見入ってしまいます。
今回のヒロイン役バナンちゃんに対してバイキンマンの優しさに感動しました。
バイキンマンが優しさを観た娘はバイキンマンが大好きになったそうです。
これからもアンパンマン作品に期待しています。

世代を超えて愛されるアンパンマン映画のおすすめ2 「それいけ!アンパンマン ゴミラの星」

公開日・監督・キャスト

【公開】2001年7月14日
【監督】大賀俊二
【出演】戸田恵子/中尾隆聖/酒井法子

映画 「それいけ!アンパンマン ゴミラの星」のあらすじ

ゴミで覆われてしまったヤーダ星でひとりぼっちになってしまったヤーダ姫がアンパンマンに助けを求めやってきます。
アンパンマンは問題を解決するために、ゴミラを訪ねますが…

本作のテーマはアンパンマンの普遍的なテーマである、自己犠牲。
そして今回のヒーローは、ゴミを食べると大きくなる怪獣ゴミラです。
みんなに迷惑をかけたくないからと海底でひとりぼっちでいることを選ぶような心優しいゴミラが「僕は強いんだ!」と頑張る姿と、みんなのために自分を犠牲にする姿には涙しかありません。
ゴミラとヤーダ姫、孤独を知る2人が寄り添う姿にもせつなさを感じます。

そして愛らしくて優しいゴミラなだけに、ダストマウンテンに飛び込むシーンは子供達には残酷かもしれません。

本作は自己犠牲という難しいテーマの作品ですが、みんなが困っている時に自分にできることは何か?ということを考えさせられます。
そしてゴミラとヤーダ姫のためにも、ハッピーエンドで本当に良かったと思える作品です。
また、ゴミラの闘う姿は怪獣映画としてもおすすめできる迫力です。

映画 「それいけ!アンパンマン ゴミラの星」の口コミ

男性の口コミ
男性の口コミ


もう何回も見ましたし、子供とお出かけする時なんかには車での必須アイテムです。アンパンマン、バイキンメカ、かぜこんこん、ゴミラなど子供が好きな可愛いキャラクターがたくさん出てきますし、子供が飽きなくて何回も見てしまう上手な作りのストーだと思いました。

男性の口コミ
男性の口コミ


娘と一緒にみました。アンパンマンの中でも難しい話だとは思いましたが、それでも娘の心には響いたようで、見終わったあとは「ゴミラちゃん、頑張ったね」と少し涙を浮かべていました。大人にもおすすめできる映画です。

世代を超えて愛されるアンパンマン映画のおすすめ3 「それいけ!アンパンマン 夢猫の国のニャニィ」

公開日・監督・キャスト

【公開】2004年7月17日
【監督】矢野博之
【出演】戸田恵子/中尾隆聖/西村知美

映画 「それいけ!アンパンマン 夢猫の国のニャニィ」のあらすじ

ベッドにおかれた卵から産まれた猫・ニャニィを育てることにしたメロンパンナちゃん。
しかしニャニィは夢猫の国のネムネムの実を食べないと光の粒になってしまうことが判明、アンパンマンたちは夢猫の国へと向かいますが…

今回の主役はメロンパンナちゃん。
可愛らしいメロンパンナちゃんがニャニィを懸命に守ろうとする姿がいじらしく、まだ子供のメロンパンナちゃんですが、守るべきものができると人は強くなり大人になるということを実感させられます。
そしてニャニィの幸せのために別れないといけないけれど、でもずっと一緒にいたい、別れたくないというメロンパンナちゃんの思いが涙を誘います。

そんなメロンパンナちゃんとニャニィの別れがせつなくて辛すぎる作品です。

そして命を預かるということはとても重いこと、預かったかぎりは幸せにしてあげないといけないということを教えてくれます。
動物好きの人、特に猫好きの人には涙なくしては観られない作品です。

映画 「それいけ!アンパンマン 夢猫の国のニャニィ」の口コミ

女性の口コミ
女性の口コミ


子供と一緒に見ましたが、笑いあり涙ありでストーリーものすごく良く作られていて大人も一緒に楽しめると思いました。メロンパンナちゃんのニャニィちゃんを思うシーンがとても印象に残っていますし、本当のお母さんみたいで大人ながらに涙してしまいました。

世代を超えて愛されるアンパンマン映画のおすすめ4 「それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ 」

公開日・監督・キャスト

【公開】2006年7月15日
【監督】矢野博之
【出演】戸田恵子/中尾隆聖/安達祐実

映画 「それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ」のあらすじ

星まつりが近づいたある日、海に流されていた人形を見つけたアンパンマン。
パン工場に連れて帰ると、人形に命の星が宿ります。
しかし命が宿った人形・ドーリィは好き勝手な行動をしてみんなを困らせることに…

困っている人を助けるのが自分の幸せというアンパンマン。
一方せっかく生きているのだから自分の好きなこと、楽しいことだけをしたいというドーリィちゃん。
そして身を挺してドーリィちゃんを守ったために命の星がなくなってしまったアンパンマン。
自分のために死んでしまったアンパンマンに自分の命の星を捧げたドーリィちゃん。
そんな2人の姿に生きることの意味を深く考えさせられると共に、「何のために生きるのか、わからないのは嫌だ!」と叫んで命の星をアンパンマンに捧げたドーリィちゃんにただただ号泣。

しかし「何のために生まれて何のために生きるのか」というテーマは子供には少し重いテーマかもしれません。

アンパンマンやドーリィちゃんほどの自己犠牲はできなくとも、何のために生まれて何のために生きるのか、それを考えながら生きるのが人間。
自ら命の星を捧げたドーリィちゃんが最後には人形ではなく、人間として生まれ変わったのがそのことを示しているように思います。
そんなアンパンマンの根幹をなすテーマを描いた見応えのある本作は、大人にもぜひおすすめしたい作品です。

映画 「それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ」の口コミ

女性の口コミ
女性の口コミ


アンパンマン大好きな娘とたくさんの映画を観ましたが「いのちの星のドーリィ」は娘のお気に入りです。
身近にある人形が出てくるストーリーで親子で楽しめました。
わがままだったドーリィが成長していく姿が幼い子を持つ母の心をつかみます。

女性の口コミ
女性の口コミ


一見子供向けの映画だと思いがちですが、大人が見ても感動する作品でした。
映画の構成として起承転結がしっかりしていて、アンパンマンがピンチの時は見ている側もはらはらしました。
いくつになってもアンパンマンは正義の味方でとてもカッコいい存在だと感じました。

世代を超えて愛されるアンパンマン映画のおすすめ5 「それいけ!アンパンマン ゆうれい船をやっつけろ!!」

公開日・監督・キャスト

【公開】1995年7月29日
【監督】矢野博之
【出演】戸田恵子/中尾隆聖/冨永みーな

映画 「それいけ!アンパンマン ゆうれい船をやっつけろ!!」のあらすじ

メロンパンナは海で出会った白馬・マリンと仲良くなりますが、マリンを欲しがったドキンちゃんのためマリンはガイコツ島へとさらわれてしまいます。
そしてガイコツ島にさらわれたマリンはそこにいたロールパンナと仲良くなりますが…

善と悪、2つの心を持ったロールパンナの誕生の秘密が描かれています。
心優しいキャラクターたちの中にあって、2つの心を持つクールなロールパンナのキャラクターは新鮮。
悪のブラックロールパンナのカッコよさとその強さにも驚きます。
またロールパンナを慕うメロンパンナちゃんもいじらしく、そのメロンパンナちゃんを私の宝物というロールパンナ。
そんな姉妹愛にこの2人が大好きになってしまいます。

そしてバイキンマンは相変わらずの悪さを発揮。
それにしても今回はちょっと悪すぎ!

本作はロールパンナとメロンパンナの姉妹愛以外にも、ロールパンナとアンパンマンの迫力ある戦い、海の白馬マリンの姿の美しさなど見どころがたくさん。
特にロールパンナとメロンパンナのファンにはたまらない作品です。

映画 「それいけ!アンパンマン ゆうれい船をやっつけろ!!」の口コミ

女性の口コミ
女性の口コミ

アンパンマンは子どものアニメですが、この話は大人になってから観ても泣ける、感動する話です。
とにかく白馬のマリンが可愛らしくて美しい。海のシーンなども綺麗なので背景などにも注目して欲しいと思います。
メロンパンナちゃん、ロールパンナちゃんが好きな方は必見です。
勿論アンパンマンたちとばいきんまんが戦うシーン、ばいきんまんとドキンちゃんが踊りながら歌うシーンもあり、楽しく観れます。
観た後には心が温まり優しい気持ちになる、そんな作品です。
子ども向けのアニメだからと思わず、是非大人の方にも一度観て欲しい作品です。
私はこの話が大好きです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です