「なつぞら」第3週「なつよ、これが青春だ」

なつぞら第3週「なつよ、これが青春だ」18話(2019/4/20)のネタバレ、感想

前回のあらすじ

なつは倉田と一緒に剛男の勤める農協を訪れます。そこで、農協の考えを聞いたなつは、農協の考え方は間違っていないと剛男に伝えます。

家に帰ると長年取引をしていた乳業メーカーが、富士子にお金の入った封筒を渡している所でした。泰樹と剛男は口喧嘩になります。富士子は結局お金を乳業メーカーに返しました。

今回のあらすじ

なつは富士子と剛男とどのように結婚したのか、泰樹はどのようにしてこの十勝に来る事になったのか、おばあさんはお金がなくて亡くなってしまったということを富士子から聞きます。

なつは泰樹に為になるならと演劇部に半ば強制的に入る事になります。その事を泰樹に伝えると、演劇に出ろと言われて演劇をやらなければならない事になってしまいました。

良かった点

なつが柴田家がどのようにして今の形になったのかを知ろうと思った事です。泰樹と剛男がもめている事を重視して中に入って言葉をかけるのではなく、なつの位置からなつができる事を見つけようとしている姿が、本当に柴田家の事をなつは大好きだし、感謝しているのだと思います。

逆になつが本当の子供だった場合、このような行動になることはなかったでしょう。家の中がギクシャクしていることにいい感じを受けていないから、どうにかしたいと思っているのだと感じました。

悪かった点

半ば強制的に倉田に演劇部に入部したことになった事です。なつの家の事を思う気持ちをうまく利用して脚本にし、女優一号を作りたかったと思われる倉田の策略が見えてしまって、少し悲しい気持ちになってしまいました。

なつの気持ちを汲み取ってくれているのであれば、それを演劇の視点からではなく、1人の教師として、人間として対応してくれる事を期待したかったです。

総評

柴田家ができるまでの話を聞いていて、泰樹も剛男も苦労して今の生活が成り立っているという事を知りました。泰樹は生活が苦しい日々を送り奥さんにも先立たれ男手1つで富士子を育ててきた事、並大抵のことではないと感じます。

そして、今では十勝一の農場を経営するまでになってやっと自分の力で軌道に乗ってきた所で、農協から乳業メーカーとの取引方法を変えると言われても納得できないということがわかりました。

たとえ家族であっても話をしなければわからないことは沢山あります。そこをなつは1つ1つ解決しようとしているのですね。

来週の予告を見て一言

来週ついになつが女優になります。でも最後に天陽が牛の様子がおかしいと言ったシーンで終わったのですが、この日が演劇を発表する日と重ならない事を祈り、次回を楽しみに待ちたいと思います。

こちらの記事もおすすめ!
「なつぞら」第22週「なつよ優しいわが子よ」

なつぞら第22週「なつよ優しいわが子よ」131話(2019/8/30)のネタバレ、感想

2019年9月1日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ 優がなつの原稿に絵を描いてしまったことをなつは怒ってしまいます。しかし優が描いた絵はキチンと動画になっていて、なつは天 …
「なつぞら」第5週「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」

なつぞら第5週「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」28話(2019/5/2)のネタバレ、感想

2019年5月2日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ なつと富士子は咲太郎を探しに新宿に来ました。そこで信哉と合流し新宿でも有名なパン屋さん川村屋のマダム前島光子を紹介され …
「なつぞら」第15週「なつよ、ワクワクが止まらない」

なつぞら第15週「なつよ、ワクワクが止まらない」88話(2019/7/11)のネタバレ、感想

2019年7月11日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ なつが提案したヘンゼルとグレーテルの短編映画の企画が通り、話し合いが始まりました。新人アニメーターの神地がなつが書いた …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です