おすすめ映画

憂鬱な気分を吹き飛ばす!心弾む楽しい映画のおすすめ5選

わけもなく落ち込んだり、何となくモヤモヤして気分が晴れない時。
そんな時どうやって過ごしていますか?
憂鬱な気分を解消するには美味しいものを食べたり、音楽を聞いたり、映画を観て気分転換してみるのもおすすめです。

今回ご紹介したいのは憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれる楽しい映画。
観終わった後には気分爽快、元気をもらえるハッピーで心弾む映画を集めてみました。

おすすめの心弾む楽しい映画1 「マンマ・ミーア!」

公開日・監督・キャスト

【公開】2009年1月30日
【監督】フィリダ・ロイド
【出演】メリル・ストリープ/アマンダ・セイフライド/ピアース・ブロスナン

映画 「マンマ・ミーア!」のあらすじ

シングルマザーのドナに育てられ父親を知らないソフィ。
結婚式を前に父親の可能性のあるドナの昔の恋人3人を結婚式に招待しますが…

舞台はギリシャの小さな島。
ABBAの名曲に乗って繰り広げられるミュージカル・ロマンティックコメディ。
夏の光に輝く地中海、美しいギリシャの風景、豪華なキャスト、ABBAのヒットナンバーなど見どころが満載。
ソフィを演じたアマンダ・セイフライトは日に焼けた笑顔がとってもキュート!
母親ドナ役を演じたメリル・ストリープのコミカルでぶっ飛んだ演技も見逃せません。
そしてナイスミドルな俳優を揃えた父親候補の3人にも注目です。
特にコリン・ファース!
英国紳士の面影はどこに?のコミカルで情けない役柄が新鮮です。

ひとつだけ欲を言えば、結局わからなかったソフィの父親が誰なのか知りたかったなぁという気がしました。

本作はブロードウェイの大ヒットミュージカルを映画化した誰もがハッピーな気分になれる作品。
明るい!陽気!楽しい!と三拍子揃った憂鬱な気分を吹き飛ばすにはピッタリの作品です。

映画 「マンマ・ミーア!」の口コミ

女性の口コミ
女性の口コミ


ABBAの名曲の数々が軽快なアレンジとユーモアたっぷりの演出とともに次々登場し、音楽を楽しみながらいろいろな愛の形にじーんと心があたたまります。メリル・ストリープが演技も歌もダンスまでうますぎる。何度も見返したくなります。

おすすめの心弾む楽しい映画2 「ヘアスプレー」

公開日・監督・キャスト

【公開】2007年10月20日
【監督】アダム・シャンクマン
【出演】ジョン・トラヴォルタ/ニッキー・ブロンスキー/ミシェル・ファイファー

映画 「ヘアスプレー」のあらすじ

黒人差別が残る60年代のアメリカ・ボルチモア。
ダンスに夢中の高校生・トレーシーは、憧れのテレビ番組「コーニー・コリンズ・ショー」に出演するダンサーのオーディションを受けますが…

ダンサーを夢見るトレーシーの活躍を描いたミュージカル・コメディ。
何と言っても注目はトレーシーのママ、エドナを演じたジョン・トラヴォルタ!
特殊メイクでビッグな女性に変身。
大きな身体で見事なダンス、女性らしい可愛い仕草も必見です。
そして明るくてチャーミングなトレーシー。
おデブな体型もなんのその。
等身大の自分で差別や偏見をものともせず、そのポジティブさで町を変えていく姿に感動します。
60年代のファッションも魅力的。

一方完全な憎まれ役だったミシェル・ファイファー。
完璧な演技だっただけに、憎まれ役が少し気の毒な面も…

「ヘアスプレー」はブロードウェイのミュージカルを映画化した作品。
ナイスガイぶりを発揮したザック・エフロンやジェームズ・マーデン、クリストファー・ウォーケンやミシェル・ファイファーといった豪華なキャストが披露した歌と踊りも見逃せません。
思わず踊りだしたくなるような、ワクワク感満載の作品です。
ミュージカル好きの人も必見です。

映画 「ヘアスプレー」の口コミ

女性の口コミ
女性の口コミ


「ハイスクール?」のザック・エフロンは、今回も抜群の歌唱力とダンスを観せてくれた。60年代のアメリカを学ぶにも最適で、黒人の扱われ方も知ることができる。娯楽作品で終わらない、これから長く語られていく作品になるだろう。

おすすめの心弾む楽しい映画3 「天使にラブ・ソングを…」

公開日・監督・キャスト

【公開】1993年4月17日
【監督】エミール・アルドリーノ
【出演】ウーピー・ゴールドバーグ/マギー・スミス/ハーヴェイ・カイテル

映画 「天使にラブ・ソングを…」のあらすじ

クラブ「ムーンライトラウンジ」の歌手デロリスは、マフィアのボス・ヴィンスの殺人の現場を目撃したため、命を狙われるはめに。
ヴィンスの裁判までの間、修道院で匿われることになりますが…

お堅い修道院が肌に合わなかったデロリスが、聖歌隊の指揮者になったことで修道院を変え、自分自身も変わっていく姿を描いたヒューマン・コメディ。
最大の見どころは下手くそだった聖歌隊のコーラスが、デロリスの指揮によりゴスペル風の素晴らしい讃美歌に大変身するシーン。
ノリノリで歌うシスターたちの姿はパワフルで歌う喜びにあふれています。
そんな修道院の個性的なシスターたちも魅力的。
そして反デロリスの立場をとっていた院長を筆頭に、デロリスを救うためにシスターたちが一致団結する姿にはホロリとさせられます。
ヴィンスとデロリスの漫才的な掛け合い、ローマ法王がスタンディングオベーションしたラストの聖歌隊のコーラスシーンも必見です。

終盤の展開にはご都合主義のところもありますがそれもご愛敬。

本作はアメリカで公開後、6カ月のロングランを記録した大ヒット作。
音楽の素晴らしさにあふれ、元気をもらうことができる楽しくてハッピーなコメディ映画の名作です。

映画 「天使にラブ・ソングを…」の口コミ

女性の口コミ
女性の口コミ


破天荒な主人公のデロリスから目が離せない!そんなパワフルな映画で何度も繰り返し観るほど大好きな映画です。
中でもデロリスのアレンジが加わったシスター達のゴスペル風コーラスは見所です。
ノリノリなダンスと1人1人の歌声に圧巻!
コーラスのシーンは何度も見返した大好きなシーンです。
歌の他にも主人公に理解を示していなかった院長がピンチなデロリスを助けようとシスターたちと立ち上がった瞬間は凄くかっこいい場面です!

男性の口コミ
男性の口コミ


主人公は、口うるさく面白い人物である。その性格とは真逆のシスターになり、修道院
側と彼女が皮肉を込めたユーモアを交え言い争う場面が面白いです。修道院には、聖歌隊のコーラスがあるが下手
なので歌手の彼女が聖歌隊の指揮者に選ばれます。彼女が、一人一人に個性あるシスター達の歌声を活かせるように訓練し、練習を重ねます。
すると、シスターとは思えない程パワフルな歌を歌えるようになった場面は見所です。終盤には、命を狙われていた彼女を助けるシスター達の
団結力に感動しました。

女性の口コミ
女性の口コミ


とにかく元気になれる映画です!テンポよく話が展開するのはもちろんのこと、逆境からの状況をはねのけるパワーももらえます。聖歌隊が歌を歌唱するシーンでは通常の成果ではなく、ポップにアレンジされた聖歌を迫力ある歌後で歌唱しているので、うつうつとしている気分もはねのけてくれます。気分を前向きにしたいときにお勧めの映画です!

おすすめの心弾む楽しい映画4 「イエスマン“YES”は人生のパスワード 」

公開日・監督・キャスト

【公開】2008年12月9日
【監督】ペイトン・リード
【出演】ジム・キャリー/ズーイー・デシャネル/ブラッドリー・クーパー

映画 「イエスマン“YES”は人生のパスワード」のあらすじ

仕事もプライベートもノーを繰り返すばかりの人生を送っていたカール。
ある日知人に勧められたイエスマンのセミナーに参加したカールは、それまでとは一変、全てにイエスと答える生活を送り始めますが…

全てにノーと答えていたネガティブな男が全てにイエスと答えることで人生を変えていくヒューマン・コメディ。
カールがイエスと答え始めてから、急にポジティブになり人生がどんどん好転していく姿にはワクワクさせられます。
カールを演じたジム・キャリーのコミカルで表情豊かな演技も魅力的。
イエスマンセミナーの教祖、テレンス・スタンプとの絡みは爆笑ものです!

しかしイエスはあくまでもポジティブに生きることや、チャンスをつかむことのきっかけであり、大切なことにはよく考え、ノーと言う勇気を持つことが必要だということも教えてくれます。
どんなことにもイエスと答え人生が好転したカールを見て思わずイエスマンを実行したくなるかもしれませんが、全部真似すると痛い目に合いそうなのでそこは注意です!

「イエスマン“YES”は人生のパスワード」の原作は実体験に基づいたダニー・ウォレスの回顧録「YesMan」。
全てにイエスと言う必要はないけれど、今まで面倒がっていたことにイエスというだけで世界は広がりハッピーな出来事が起こるかも!?と教えてくれ、ポジティブに生きる勇気をもらえる作品です。

映画 「イエスマン“YES”は人生のパスワード」の口コミ

女性の口コミ
女性の口コミ


ジム・キャリー主演の作品といえばコメディというイメージが強いですが、この作品に関してももちろん笑いあり!!そして学びあり…!友達には必ずオススメする大好きな映画です。「YES!」の一言で180度違う世界が見えたり、自身の行動次第で人生はいくらでも変えられる、そんなメッセージ性の強い作品です。

おすすめの心弾む楽しい映画5 「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」

公開日・監督・キャスト

【公開】2015年2月28日
【監督】ジョン・ファヴロー
【出演】ジョン・ファヴロー/ジョン・レグイザモ/スカーレット・ヨハンソン

映画 「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」のあらすじ

一流レストランのシェフ・カールは評論家の来店時に独創的な料理を作ろうとしますがオーナーに反対され、オーソドックスな料理を評論家から酷評されてしまいます。
オーナーと衝突し解雇されたカールは、キューバサンドの移動販売を始めますが…

マイアミからロサンゼルスへ。
1人のシェフがフードトラックを始め、人生をやり直す姿を描いたハートフルなロードムービー。
離婚した妻の元恋人から譲り受けたボロボロのフードトラック。
どん底を見たカールがプライドを捨て原点に立ち戻り、息子と仲間と始めたキューバサンドの移動販売で成功していく姿が爽快。
肉の焼けるジューシーな音。
画面を飛ぶツイッター。
軽快な音楽。
全てがワクワク感にあふれ、美味しそうなキューバサンドを見ていると今すぐに食べたくなってきます。
失いかけていた息子との絆を取り戻す姿や、仲間の友情も感動的。
キューバサンドを作るカールの生き生きとした姿と、喜びにあふれた笑顔も印象的です。

それにしてもカールを取り巻く女性が美人ばかり!
監督・主演のジョン・ファヴローの特権でしょうか!?

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」は「アイアンマン」シリーズの監督ジョン・ファヴローが製作・監督・脚本・主演を務めた作品。
シェフのカールと同じように本意ではない作品を酷評され、大作のオファーを蹴ってまで作った本当に作りたかった映画。
ジョン・ファヴローがカールに自身を投影した作品です。
「アイアインマン」シリーズのロバート・ダウニーJrやスカーレット・ヨハンソンも出演。
美味しそうな料理が次々と登場し、お腹は空きますが楽しくて幸せな気持ちを運んでくれる作品です。

映画 「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」の口コミ

女性の口コミ
女性の口コミ


家族で見ました。
主人公の人間性や関係、家族愛、料理に対する熱意など映画を通して凄く伝えられました。
様々な料理が出てきますし、主人公のフードアイデアも楽しみの一つです!
誰もしたことが無いフードトラックを成し遂げるには、様々な困難が待ち受けていますがそれをどうやって乗り越えて行くのかというのが見どころだと思います。
家族で見ても楽しめる作品ですし、料理についても学ぶ所は沢山あるのでオススメです!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です