「なつぞら」第5週「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」

なつぞら第5週「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」25話(2019/4/29)のネタバレ、感想

前回のあらすじ

なつたちの演劇が始まりました。なつが泰樹に一番言いたかった所で泰樹と天陽が到着しました。無事に演劇が終わった後、天陽の家の牛乳の価格が安く引き取られていたことを知り演劇を観たことで、自分の牛乳も農協におろすと言ってくれました。泰樹は自分が愚かだったと言いますが、なつはそれを否定します。

今回のあらすじ

演劇が終わって地区大会で残ることは出来ませんでした。片ずけをしている時に門倉がなつにプロポーズをしますが、すぐに断られてしまいます。天陽のお兄さんから絵の具のセットを貰います。なつが絵を描きたかったという事を始めて知った泰樹はなつに自分の牧場を継いでほしいと話します。信哉がなつを訪れます。

良かった点

泰樹がなつに自分の牧場を継いでほしい、でも、強制はしない、なつの気持ちを尊重すると言ってくれた所です。あれぐらいの年齢の方でしたら、どうしても家に縛ってしまうものですが、泰樹は本当になつのことが大事なのだということがわかりました。

泰樹が農協に協力してくれる事も嬉しかったです。なつが言いたかったことがもめる事なく解決した瞬間でもありました。話し合うだけが解決の道ではないと思いました。

悪かった点

門倉がなつにプロポーズしたシーンです。自分のせいで勝てなかった事を反省する事もなく、みんなを励まそうとしますが、みんなはしらけています。見ているこっちもそうなってしまいます。

自分の非を認めず、誤魔化そうとしているその態度がどうなのかなと思いました。

総評

今日の1話はそれぞれがこれから向かう道への動きが出てきました。高校3年生は将来を考える時期です。そして富士子の考えがあまりにも古いのだということが悲しかったです。この時代はまだ、女性は結婚が一番の幸せなのだと思っていたようです。

夕見子は現代の子供のようです。この頃でこの考えがあるというのはすごいごとです。家に縛られず自分の自由に生きたい。そう考え方が変わってきた時代なのかもしれません。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です