おすすめ映画

刺激がほしい時におすすめ!スリルと興奮のアクション映画5選

変り映えのしない毎日に、ふと刺激がほしくなる時がありませんか?
そんな時におすすめしたいのが、スリルと興奮が味わえるアクション映画。
スリルのある展開にハラハラドキドキ。
激しいアクションに思わず興奮。
孤軍奮闘するアクションものからカーアクションまで、スリルと興奮が味わえるアクション映画を集めてみました。

スリルと興奮が味わえるおすすめのアクション映画1 「96時間」

公開日・監督・キャスト

【公開】2009年8月22日
【監督】ピエール・モレル
【出演】リーアム・ニーソン/マギー・グレイス

映画 「96時間」のあらすじ

旅行でパリを訪れた娘のキムが何者かに誘拐されてしまった元CIAのブライアン。
キムとの通話中に起きたその事件、犯人の声を録音したブライアンはその声を手掛かりに、娘を救うため単身パリへと向かいます。

娘救出のタイムリミットは96時間。
ブライアンの沈着冷静な行動、犯人を特定、組織にたどり着くその能力には脱帽します。
そして誘拐に関わった者は1人も許さないという容赦のなさ。
娘を助けるためなら何でもするという、そのぶれない気持ち、娘への愛。
その姿には心打たれ、救出した娘と抱き合うシーンは思わず涙。
最強リーアム・ニーソンのアクションに興奮し、娘を愛するその姿に痺れる映画です。

しかし何人も殺害し、大暴れしたパリから何事もなくアメリカに帰国できたのが不思議というツッコミどころも…

「96時間」は「レオン」のリュック・ベッソンが製作・脚本を務めたアクションスリラー。
本作の大ヒットで続編「96時間/リベンジ」「96時間/レクイエム」も製作され、人気シリーズとなりました。
主演のリーアム・ニーソンがとにかく強くてカッコいい作品です。

映画 「96時間」の口コミ

女性の口コミ
女性の口コミ


パリで誘拐された娘を取り戻すためなら、敵が何者でも捨て身で乗り込む父親の姿にとにかく脱帽する映画です。元CIAの肩書き通り、常人ではあり得ない派手なアクションに目が離せません。ハラハラしっぱなしですが、ラストは父と娘の大きな愛の素晴らしさを実感できます。

女性の口コミ
女性の口コミ


私の一番好きな映画です。とりあえずリーアムニーソンがカッコいいです。お父さん役のリーアムニーソンがある理由で拉致られた娘を96時間以内に探すという無謀すぎる内容に、最初っから釘ずけになりました。とても興奮する映画で大好きです。

スリルと興奮が味わえるおすすめのアクション映画2 「ベイビー・ドライバー」

公開日・監督・キャスト

【公開】2017年8月19日
【監督】エドガー・ライト
【出演】アンセル・エルゴート/ケヴィン・スペイシー/ジェイミー・フォックス

映画 「ベイビー・ドライバー」のあらすじ

天才ドライバー、ベイビーは犯罪組織の逃がし屋。
しかしダイナーのウェイトレス・デボラと恋に落ちたベイビーは、逃がし屋の仕事から足を洗おうとしますが…

カーアクションと音楽のコラボに思わず興奮するクールでスタイリッシュなクライム・アクションムービー。
見どころは激しいカーチェイス。
しかしiPodから流れる音楽を聞くと、天才的ドライビングテクニックを発揮するというベイビーにかかれば、激しいカーチェイスもなぜかおしゃれに変身。
そして終盤の予想を裏切る展開の連続と、銃撃戦からの逃避行。
喪失感を抱え、自分の世界に閉じこもっていたベイビーが新しい人生をスタートさせるラストは爽快感に満ちています。
クライム・アクション映画にして実はラブストーリー。
そして人生の再生物語。
色々な角度から楽しむことができる作品です。

本作はいわゆるおしゃれなアクション映画。
熱いアクション映画が好きな人には向かない作品かもしれません。

アクションと音楽が融合した新しいアクション映画と話題になった「ベイビー・ドライバー」。
今までアクション映画が苦手だった人も音楽映画として楽しむことができる作品です。
洋楽好きの人はぜひ。

映画 「ベイビー・ドライバー」の口コミ

男性の口コミ
男性の口コミ


若きドライバーである逃がし屋ベイビーが主役のアクション映画で、全体的に格好良くスタイリッシュなカーアクションがとても良かったです。
また音楽がとても素晴らしい作品で映像とマッチしており、こちらも作品への没入感を高めており、大変楽しめました。
あまり教訓であるとかそういったものはないので、気軽にアクション映画が見たいときにいいと思います。

スリルと興奮が味わえるおすすめのアクション映画3 「60セカンズ」

公開日・監督・キャスト

【公開】2000年9月9日
【監督】ドミニク・セナ
【出演】ニコラス・ケイジ/アンジェリーナ・ジョリー/ロバート・デュヴァル

映画 「60セカンズ」のあらすじ

60秒で車を盗むという伝説の車泥棒・メンフィスは泥棒稼業から足を洗い堅気の生活を送っていましたが、弟キップの命を助けるために50台の車を盗むという大仕事を引き受けてしまいます…

ニコラス・ケイジ主演のクライム・アクション。
24時間以内に50台の車を盗むという大仕事のために、メンフィスの元にかつての仲間たちが再集結します。
そのメンバーが何気に豪華。
ロバート・デュヴァルにヴィニー・ジョーンズ。
中でも金髪のアンジェリーナ・ジョリーには注目です。
ニコラス・ケイジの小気味よい演技やカーアクションもやはり魅力的。
そしてタイムリミットが迫る中、最後の一台を走らせるメンフィスと警察との激しいカーチェイスは興奮の連続。
メンフィスの車が大ジャンプするシーンは必見です。
ハラハラ、ドキドキの展開からコミカルで笑えるシーンまで見どころが満載。
そして仲間の友情と兄弟愛にあふれたラストには胸が熱くなります!

一方若き日のアンジェリーナ・ジョリー。
アクションシーンを期待していましたが、あまり見せ場がなく少し残念でした。

本作は1974年の映画「バニシングIN60”」のリメイク版。
車好きの人なら見るだけでも興奮するような超高級車がずらりと登場します。
車好きの人にはたまらない作品です。

映画 「60セカンズ」の口コミ

女性の口コミ
女性の口コミ


アンジェリーナジョリーは素敵だし、ニコラスケイジもカッコ良かったです。ニコラスケイジが弟のために命がけで頑張る姿に感動しました。カーアクションも派手で気分がスカッとして楽しめるし、ハラハラドキドキで見応えがありました。

男性の口コミ
男性の口コミ


何回見ても面白いですし、マスタングエレノアのカーチェイスはハラハラドキドキの連続です。ニコラス・ケイジが何と言ってもカッコいいですよね。当時はまるで助手席に座っているかのような臨場感ある世界に入ってしまいました。

男性の口コミ
男性の口コミ


やはり何といっても、この映画の見どころである車をふんだんに使用したカーアクションではないでしょうか。私自身、車でのアクションシーンが大好きでこの手の映画はほとんど見ています。60セカンズにおいては何回見たことでしょうか。この映画には高級車が多く登場しますし、それに乗ったアクションシーンが多く盛り込まれていると感じます。主役のニコラスケイジが、また渋く素敵であると感じる俳優であるため、評価においては星5となっています。

スリルと興奮が味わえるおすすめのアクション映画4 「ホワイトハウス・ダウン」

公開日・監督・キャスト

【公開】2013年8月16日
【監督】ローランド・エミリッヒ
【出演】チャニング・テイタム/ジェイミー・フォックス       

映画 「ホワイトハウス・ダウン」のあらすじ

議会警察官ジョンは娘エミリーとホワイトハウスの見学ツアーに参加していましたが、突然爆発が起き、ホワイトハウスは謎の武装集団に占拠されてしまいます。
ジョンは離れ離れになってしまったエミリーを探そうとしますが…

ダメダメなパパだったジョンが、娘を守るためホワイトハウスを占拠した武装集団に立ち向かう姿を描いたアクション大作。
とにかくアクションがド派手。
ホワイトハウスの爆発に始まり、エアフォースワンの撃墜。
爆発と破壊、激しい銃撃戦といった興奮するシーンの連続です。
中でも車から身を乗り出し、ロケットランチャーをぶっ放す大統領の姿は必見。
そして共に戦ううちに、友情が芽生えていくジョンと大統領。
戦闘の合間に見せるコメディ的な掛け合いも見逃せません。
空爆を開始しようとする戦闘機に向かって、大統領の旗を振り空爆を止めたエミリーの勇敢な姿も感動的。
チャニング・テイタム演じるジョンの戦う姿が熱いヒーロー映画です。

たまたま居合わせた場所がテロリストに占拠されるという「ダイ・ハード」的な展開の本作。
そしてランニング姿になるジョンはまさに「ダイ・ハード」のマクレーンですが、本作では大統領という心強いバディが登場。
バディものの映画としても楽しめる作品となっています。

映画 「ホワイトハウス・ダウン」の口コミ

女性の口コミ
女性の口コミ


ホワイトハウスを舞台として邪悪なテロリストとの戦いを描いた作品です。アクション映画らしい大迫力の映像にハラハラドキドキしっぱなしでした。大統領が危機的状況に陥るというあり得ない展開ですが、意外とリアリティもある演出なので最後まで夢中で楽しめました。

スリルと興奮が味わえるおすすめのアクション映画5 「ワイルド・スピード ICE BREAK」

公開日・監督・キャスト

【公開】2017年4月28日
【監督】F・ゲイリー・グレイ
【出演】ヴィン・ディーゼル/ジェイソン・ステイサム/ドウェイン・ジョンソン

映画 「ワイルド・スピード ICE BREAK」のあらすじ

ファミリーを裏切りサイバーテロリスト・サイファーと手を組んだドミニク。
ドミニクを奪還するために、ファミリーは最大の敵だったデッカード・ショウと手を組みサイファーとの戦いに挑みますが…

ストリートレーサーたちの活躍を描いたカーアクション映画「ワイルド・スピード」シリーズ第8弾。
とにかくカーアクションが凄い!の一言。
キューバでのストリートレースに始まり、ニューヨークではビルから車の雨を降らし、最終決戦地ロシアの基地では氷の上でまさかの潜水艦とのカーチェイス。
熱追尾型ミサイルから逃げ切り、逆に潜水艦を爆破するという離れ業をやってのけました。
そして挑発合戦を繰り広げたジェイソン・ステイサムとドゥエイン・ジョンソン。
その子供じみた口喧嘩には笑ってしまうものの、2人のキレキレのアクションには痺れます。
世界をまたにかけた大迫力シーンの連続に大興奮する作品です。

しかし殺されてしまったドミニクの元恋人エレナはあまりにもかわいそうでした。

回を追うごとに凄まじくなるカーアクションは一体どこまで行ってしまうのか?という「ワイルド・スピード」シリーズですが、シリーズを観たことがないという人でも今作は十分に楽しむことができます。
怒涛のアクションを見るだけでも価値のある作品。
そして今作の悪役、シャーリーズ・セロンや、初登場したクリントイースト・ウッドの息子スコット・イーストウッドも見逃せません。

映画 「ワイルド・スピード ICE BREAK」の口コミ

男性の口コミ
男性の口コミ


最初ドミニクがサイファー側に着いた時はこのあとどんな展開になるんだろうか…とドキドキしながら見ていました!初のキューバでの撮影で雰囲気も最高!
ド派手なカーアクションは健在で、何百台もの車がダイブするシーンは必見です。

女性の口コミ
女性の口コミ


当初はストリートレーサー達に潜入捜査する警官達のカーアクション映画だったはずなのに、シリーズごとに高級車を並べて破壊してるだけのアクション映画に成り果ててしまった感がかなりあります。なんかんだでそちらへの方向転換が見ていて爽快さをかんじさせるし、面白いです。スカッとしたいときに見る映画ですね。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です