「なつぞら」第5週「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」

なつぞら第5週「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」30話(2019/5/4)のネタバレ、感想

前回のあらすじ

なつは咲太郎と再会することができました。なつと富士子が川村屋に部屋を貸してもらっている事を話すと咲太郎は驚いた顔をしました。4人で天丼を食べますが、父親が作った天丼の方が美味しかったという事をなつに話します。その後川村屋に一緒に行こうと咲太郎を誘いますが、咲太郎は明日のお昼に行くと約束します。

今回のあらすじ

咲太郎は川村屋に夜になっても現れませんでした。信哉が戻ってきて咲太郎が警察に捕まったと聞きます。先輩の博打の戦利品である腕時計を質屋に出した所、盗まれたものだと届け出が出ていたため捕まってしまったのです。マダムとの行き違いも解決することもできました。十勝では泰樹が照男になつと結婚すれば、なつは本当の家族になると話します。

良かった点

藤田正士が咲太郎を助けてくれ、岸川亜矢美という女性が母親の代わりになってくれ、咲太郎の面倒を見てくれていたことがわかったことです。なつも剛男に引き取られ幸せに暮らしていたように、咲太郎もいい人達に助けられて生きてきたのです。

戦後の日本は大変な時だったにもかかわらず、孤児だった兄弟を自分の子供のように育ててくれるいい人もいたのですね。

悪かった点

先輩にお金を貸して欲しいと頼み、博打での戦利品を質屋に持って行ったことです。マダムに保証人になってもらった借金をマダムに返さなければなつに借金の催促がいってしまうと思ったのでしょうか。

咲太郎も時計を持って行ったら捕まる事は分かっていたはずです。なつとまた一緒に暮らしたいがためにやった事なのか、本当の気持ちが知りたいです。

総評

世の中はお金が絡んでくると弱者が痛い目にあってしまいます。これは、今も昔も変わらないのですね。悪い人たちに騙されたいい人がなぜ警察に捕まってしまうのでしょうか。その悪い人たちを早く取り締まって欲しいと願います。

最後に泰樹が照男になつと結婚をしろというシーンは、泰樹のなつをどんな事をしても手放したくないという気持ちが伝わってきました。なつにやりたい事をやれと言っていたのに、東京から帰ってこないなつを心配し不安になってしまったのが、泰樹はなつのことが本当に大好きなんだということがわかります。

来週の予告を見て一言

恋愛の動きがあるようです。なつは誰を選ぶのでしょうか。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です