「なつぞら」第6週「なつよ、雪原に愛を叫べ」

なつぞら第6週「なつよ、雪原に愛を叫べ」33話(2019/5/8)のネタバレ、感想

前回のあらすじ

冬になりました。なつは照男からディズニーの漫画映画のチケットをもらいます。天陽を誘って行ってきたらいいと照男から言われたので、天陽の家に行きます。そこで陽平が漫画映画の会社に就職した事を聞きます。泰樹は富士子と剛男になつと照男を結婚させよと思っている事を相談されます。

今回のあらすじ

泰樹がなつと照男を結婚させるという話を富士子と剛男にしてから、何だかんだギクシャクしているのを夕見子が夕飯時に問い詰めます。なつと天陽は帯広の映画館でディズニー映画を観ました。観た帰り雪月に立ち寄り天陽と2人でいるところをからかわれますが、サラッと2人とも流します。

良かった点

なつと天陽は何も考えずに映画に迎えるほど一緒にいる事が当たり前になってきている所です。あんなに周りから彼氏じゃないのか?デートじゃないのか?と言われても、2人とも動じません。

幼馴染というのはそういうものだと思います。小さい時から一緒にいるので、家族みたいな感覚になってしまっているのでしょう。でも周りから見ると男女であれば、恋人同士だと疑ってもおかしくないのです。

悪かった点

なつが悩んでいた事があったという事です。東京に行ってアニメーターの仕事につくのか?牧場を続けるのか?でもなつは自分には無理と否定してしまいます。否定してしまっては何も始まりません。

でも夢を持って行ったとしても叶うという確実性はないと思います。それもなつはわかっているのでしょう。柴田家に恩返しをしなければならないと思っているなら、逆に柴田家のみんなに失礼にあたると思います。

総評

なつと照男をくっつけたい泰樹。それを反対する富士子。剛男はどちらでもいいという雰囲気の中、剛男はどちらかというと剛男の方に肩を持っているような感じもいたします。観ている方は状況がわかるだけにみんなの心情があからさまに見えていて面白いですが、わからない家族はなんのこっちゃ?という感じなのでしょう。

夕見子と明美のなつへの観測力もすごいと思いました。でもそれぞれが違う視点で見ている事も性格の違いからなのだとも感じました。夕見子と明美はそれだけなつのことが大好きなのでしょうね。

こちらの記事もおすすめ!
no image 「なつぞら」第2週「なつよ、夢の扉を開け」

なつぞら第2週「なつよ、夢の扉を開け」10話(2019/4/11)のネタバレ、感想

2019年4月15日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ 一人で魚を焼いているなつは、お父さんからの手紙を読みます。そこには「いつも一緒だよ」と書かれていました。手紙を読み終わった …
「なつぞら」第11週「なつよ、アニメーターは君だ」

なつぞら第11週「なつよ、アニメーターは君だ」66話(2019/6/15)のネタバレ、感想

2019年6月15日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ おでん風車でレミ子が人形の家を観て感動し、新劇をやりたい、咲太郎と同じ劇団に入りたいと言いました。同席していた雪次郎は …
「なつぞら」第19週「なつよ、開拓者の郷へ」

なつぞら第19週「なつよ、開拓者の郷へ」111話(2019/8/07)のネタバレ、感想

2019年8月7日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ 泰樹のバターを農協で作って売るという大きな計画が動いていて、夕見子と剛男は忙しく動いています。業務用の安いバターに対抗 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です