「なつぞら」第6週「なつよ、雪原に愛を叫べ」

なつぞら第6週「なつよ、雪原に愛を叫べ」36話(2019/5/11)のネタバレ、感想

前回のあらすじ

スキー大会の前に天陽がなつを好きだと言うことを知った照男は、なつをかけて勝負しようと言います。結果、照男が勝ち天陽がなつに好きだと言うことになりました。スキー大会が終わって家に帰ると、夕見子から信哉から手紙が届いていたと言われ、手紙を開くと咲太郎が新宿に戻ってきたということが書いてありました。

今回のあらすじ

なつが天陽の家に行くと泰樹に伝えると、話があると言って、照男と結婚しないかとなつに話します。なつは泣いてしまい、その話している途中に富士子、照男、戸村親子が通りかかり全てを知ってしまいます。そして天陽の家に向かう途中、なつは雪の中で倒れてしまいます。そして目を覚ましたなつは、どこかの民家の布団で寝ていて命は助かりました。

良かった点

雪の中になつが倒れたとき、もうダメだなと思ってしまいました。でも、今回の話中になつが助かっていたことがわかって良かったです。誰か通りかかった人が助けてくれたようです。

その人達がのちになつにどのように関わってくるのか、楽しみです。

悪かった点

もちろん泰樹がなつに照男のことを何も考えずに言ってしまったことです。自分のことしか考えておらず、なつや照男のことを考えないで勝手に行動してしまった泰樹。どんだけ子供なんだと思ってしまいました。

一番人生を積んできているはずなのにそんなこともわからないのか?と思ってしまったほどです。まだ、富士子や照男の方が大人だと感じました。

吹雪の中なつのことが心配でも探しに行こうとしなかった柴田家と、天陽。ここにも疑問が残ります。でも、北海道ではあのような吹雪になってしまうと地元の人でもわからなくなると聞いたことがあったので、仕方がないのかなとも思いました。

総評

今回の泰樹の発言で家族の絆にヒビが入ってしまいまいました。そうなるとは想像もしないで泰樹は話してしまったと思うのですが、なつの方が大人だなと感じました。本当の家族だと思っていれば、照男と結婚すれば本当の家族になれる。という考えにはならなかったでしょう。

泰樹はなつが来たとき、他人だから働くのは当然だと言っていたことが思い出しました。なつの働きぶりを認めて学校に行かせてくれた泰樹。泰樹は初めからなつは他人だということが引っかかっていたのですね。

次週の予告を見て一言

なつが天陽の胸に飛び込んで行く姿がどのような展開でそのようになったのか。とても知りたいです。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です