「なつぞら」第6週「なつよ、雪原に愛を叫べ」

なつぞら第6週「なつよ、雪原に愛を叫べ」35話(2019/5/10)のネタバレ、感想

前回のあらすじ

雪月でバターを使ったお菓子、バターせんべいを試食させてもらったなつと天陽。帰りの電車で天陽がなつに「じゃあ行くなよ」と東京行きを止める言葉が出てきました。柴田家に帰り、天陽がスキー大会に出る事をなつが話すと、泰樹が照男にも出るようにいます。スキー大会当日照男は天陽を呼び出し「なつのことが好きか?」と問いただします。

今回のあらすじ
スキー大会の前に天陽がなつを好きだと言うことを知った照男は、なつをかけて勝負しようと言います。結果、照男が勝ち天陽がなつに好きだと言うことになりました。スキー大会が終わって家に帰ると、夕見子から信哉から手紙が届いていたと言われ、手紙を開くと咲太郎が新宿に戻ってきたということが書いてありました。

良かった点

咲太郎が川村屋にお金を返しにきたという所です。咲太郎は逃げたのではなくマダムにお金を返すために働いていたのでしょう。なつがお世話になったことに対してもお礼を言って、とても律儀だなと感じました。

咲太郎は悪い人ではないのです。それをわかっているのに人はどうしても信じられなくなります。もう忘れてくれと咲太郎から手紙をもらった時は、どうなってしまうんだろうと思いましたが、安心しました。

悪かった点

なつをかけてスキー大会で勝負をした事です。勝負をして告白をするとか諦めるとかそんなことをしないと自分から動けないのか?と思いました。人に言われなければ告白することもできない自分の気持ちを伝えることもできない。

それで天陽は生きていても幸せなのでしょうか。なつのためになつのためにと言っていますが、じゃあ、あなたはどうなの?と聞きたくなってきます。照男のなつの気持ちよりお前に気持ちだべ。というセリフがそうだそうだと共感してしまいました。

総評

照男と天陽が争っているとき、なつはどちらを応援したかったのか?なつはそこで自分の気持ちに気がついた事でしょう。でも、それが何なのかわかっていないと思います。それが好きだという感情だということが。
照男は天陽の気持ちを知ってしまいました。その事で照男が今後なつにどのようにアプローチしていくのか。それとも諦めてしまうのか。その判断も少し楽しみです。

こちらの記事もおすすめ!
「なつぞら」第11週「なつよ、アニメーターは君だ」

なつぞら第11週「なつよ、アニメーターは君だ」66話(2019/6/15)のネタバレ、感想

2019年6月15日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ おでん風車でレミ子が人形の家を観て感動し、新劇をやりたい、咲太郎と同じ劇団に入りたいと言いました。同席していた雪次郎は …
「なつぞら」第9週「なつよ、夢をあきらめるな」

なつぞら第9週「なつよ、夢をあきらめるな」52話(2019/5/30)のネタバレ、感想

2019年5月30日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ 咲太郎が仲の所に行き、なつが落ちたことを攻め立てます。でも仲はなつは受かっていたと思っていたので、びっくりしていました …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です