「なつぞら」第7週「なつよ、今が決断の時」

なつぞら第7週「なつよ、今が決断の時」41話(2019/5/17)のネタバレ、感想

前回のあらすじ

泰樹が雪月に行き、トヨになつのことを相談します。トヨは雪次郎と一緒に東京に行くように雪之助に話してくれました。照男が天陽の家を訪れ、なつのことをどうしたいのか尋ねます。天陽は「なつが東京に行くことは自然なことだ自然には逆らえない」と話します。富士子はなつが東京に行きたいのは兄弟と一緒にいたいとは別の理由があるのではないかと、泰樹に伝えます。

今回のあらすじ

雪月に行ったなつ、小畑家のみんなに話を聞いてもらい、泰樹になつが本当はどう思っているのか?ということを話す勇気をもらいました。そしてなつは泰樹に正直に自分がなぜ東京に行きたいのかを話します。泰樹は「それでこそ俺の孫だ」と言って東京行きを許してくれました。

良かった点

泰樹になつの夢を目指すことを認められた所です。夕見子も言っていたように初めからそう言えばいいのにと思ってしまいましたが、とても微笑ましい時間でした。ちょっとのすれ違いで人との関係は家族でも壊れてしまいます。

だからこそ、我慢しないで正直に話す。本当は自分はどう思っているのか。家族だからこそ話さなければならないと思います。家族は絶対に味方になってくれるのです。孫がやりたいと思っていることをたとえ離れて暮らす事になったとしても、応援してくれるのです。

悪かった点

なつが泰樹に東京に行きたい本当の理由を話した時、酪農と泰樹を裏切ってしまう。というところがありますが、裏切ってしまうと思っていたのはなつだけで、みんなはなつの正直な気持ちを知りたかったのだと感じました。

色々な周りの人たちの助けをもらって、答えを出したなつですが、柴田家に気を使いすぎて遠慮してしまった事が、事態をここまで悪化させてしまったのだと思います。でもこの経験はなつにとって後々役に立つことでしょう。

総評

泰樹から相談を受けていたトヨ。妙子が「人の世話になることを心苦しく思うことないから」となつに話すところを否定します。泰樹から話を聞いていなかったら、またややこしくなる所を、いい流れだったのだなと思って見ていました。

泰樹とトヨもとてもいい関係でいることが伺えて安心してしまいます。それぞれの役割をこなす事で、なつの東京行きが決まって行きました。今の時代ではこのような人間菅家を築くことができる体験はできないなと思いました。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です