「なつぞら」第9週「なつよ、夢をあきらめるな」

なつぞら第10週「なつよ、絵に命を与えよ」57話(2019/6/5)のネタバレ、感想

■撮影用のイラストを使用したイメージ写真です。オリジナルキャラクターです。

前回のあらすじ

なつは仲に「書き損じの箱から書きたいものを持って行って描いたら?」と言われます。なつは書き損じの紙を拾い、家に持って帰りパンダの絵を描き、技術を学ぼうとします。なつは時間を見つけ白蛇姫の話を理解しようとします。しかし、周りの女の子たちはお婿さん探しに仕事に来ているようです。大沢麻子に派手な格好をしていることでなつは勘違いをされてしまいます。

今回のあらすじ

麻子に言われたことに腹を立てたなつ。亜矢美に気持ちをぶつけますが何を言いたいのかが分からず、亜矢美も励ましようがありません。ゴミ箱から拾ってきた原画をなつは自分の今までの経験を思い出しながら動画を時間も忘れて描いてしまいます。あるお昼休み下山にアニメーションは絵に命を吹きかけるものと教えてもらいます。そして麻子がなつが描いた動画を目にして驚きを隠せない表情をします。

良かった点

なつは麻子に男を探すために仕事に来ているといわれ、次の日派手な格好をしないと亜矢美に言いますが、普通の格好をしてしまったらその人が言ったことを認めることになるよと言われ、戦うことを決めます。

そんななつの前向きな姿勢はいいと思います。北海道で育った自分を持って生きるという泰樹に似てきていると感じました。

悪かった点

ご飯を食べることも忘れ動画を描くことに没頭するなつ。これは、前作まんぷくの萬平もそうでした。でもなつは食べないと手元が狂うようで、そこの感覚は普通で良かったなと感じました。

ご飯のことをみんなが心配してくれているのに当の本人は食べなくても大丈夫と思ってしまいます。

総評

なつの勝気なところが出てきた今回の話。自分が誤解されたままでは嫌で、ドンドン服装が派手になっていくなつ。でもやはり周りというのはおしゃれには気は使えるのにこれはダメねという目で見られてしまいます。

そこを跳ね返すぐらいの実力はなつは兼ね揃えていると思います。現に麻子がなつの動画を見たときのあの表情。麻子が求めていたものに違いありません。もしするとなつは麻子に抜擢され動画をかけるようになれるかもしれませんね。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です