「なつぞら」第11週「なつよ、アニメーターは君だ」

なつぞら第11週「なつよ、アニメーターは君だ」61話(2019/6/10)のネタバレ、感想

前回のあらすじ

試験の結果は不合格でした。なつは仲達と同じ悩みを抱えており、イメージに手が追いつかない事を話します。なつはまた彩色の仕事に戻りました。十勝のシーンになり、照男が紗良にプロポーズをするために天陽となぜか菊介が照男がプロポーズしやすいように演技をして盛り上げ、紗良は照男のプロポーズにOKをしました。天陽はなつの絵を描いていたのですが、茶色い絵の具で泣きながら塗りつぶしてしまいます。

今回のあらすじ

白蛇姫の漫画映画の原画が出来上がり、仕事がひと段落しました。その夜、照男と紗良がなつの家を訪れます。咲太郎と照男はなんだか似ていました。柴田家のみんなからのお土産をもらったなつは十勝を思い出しました。みんなに頼ってばっかりというなつに紗良は家族が増えていていいじゃないと言ってくれます。なつはますます夢に向かって生きていくことを覚悟します。

良かった点

作画の試験に落ちて落ち込んでいるなつに照男と紗良が来たことで、また頑張ろうという気持ちになれたことです。夢を目指していてもなかなか叶わないと諦めてしまいそうになる時がありますが、なつには応援してくれる人が沢山いるのだといいことを照男達が教えてくれました。

なつと桃代が仲良くなってきていることも嬉しかったです。敬語ではなくタメ口になっていたり、洋服も似てきたりと一緒にいると似てくるといいますが、まさにその象徴です。

悪かった点

泰樹が紗良にお土産のバターを3人で作ったとなつに言ってくれ、なつの夢を紗良さんが継いでくれたらなつも嬉しい。と言っていましたが、これは、泰樹の押し付けに聞こえてきました。

昔だから光栄ですと思えても、今の時代だったら、重すぎ〜となりかねないセリフでした。弥一郎は紗良に自分の好きなように生きればいいと言ってくれているのに対し、泰樹はまだまだ押し付けがましいことが残っていますね。

総評

なつは人に助けてもらうばっかりだと言っていましたが、18才の女の子が一人で東京でやっていけるわけがありません。夢を持って上京しているということは、普通だったら暮らす所も良いところはなく、着る服もなく暮らさなければならないのです。

そこに引け目を感じてしまうことが引っかかってしまいました。それだけなつの周りの人達は応援してくれているということに感謝をして夢を追いかけたら良いと思います。

こちらの記事もおすすめ!
no image 「なつぞら」第11週「なつよ、アニメーターは君だ」

なつぞら第11週「なつよ、アニメーターは君だ」62話(2019/6/11)のネタバレ、感想

2019年6月11日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ 雪次郎となつは咲太郎が所属しているお芝居を観に行きます。そこで雪次郎となつはは亀山蘭子に会います。感想を聞かれて2人が …
「なつぞら」第15週「なつよ、ワクワクが止まらない」

なつぞら第15週「なつよ、ワクワクが止まらない」90話(2019/7/13)のネタバレ、感想

2019年7月19日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ ヘンゼルとグレーテルの短編映画のおよその話が決まったのですが、麻子はなんだか浮かない様子。なつが麻子の様子が気になって …
「なつぞら」第14週「なつよ、十勝さ戻ってこい」

なつぞら第14週「なつよ、十勝さ戻ってこい」81話(2019/7/3)のネタバレ、感想

2019年7月4日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ 富士子はなつの会社に千遥に内緒で千遥が北海道に来ていることを伝えます。なつは涙を流し喜び会社を早退します。咲太郎も家に …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です