おすすめ映画

大学生にもおすすめ!大学生の青春を味わえる映画5選

人生の夏休みと言われる大学生時代。
自由な時間が多い大学生時代は人生で一番青春を謳歌できる時かもしれません。
でも大学生の実情はさまざま。
講義にサークルにアルバイトにと忙しい毎日を過ごす大学生も。
どんな学生時代を過ごすかは自分次第。
今回はそんな大学生におすすめの映画をご紹介したいと思います。
女子学生から男子学生、訳アリの大学生まで。
大学時代を謳歌する姿を描いた青春物語の中には、あなたの共感する物語がきっとあるはず。
もちろん大学生じゃない人にも観てほしい大学生の青春を描いた映画を集めてみました。

大学生の青春が味わえるおすすめの映画1 「ピッチ・パーフェクト」

公開日・監督・キャスト

【公開】2015年5月29日
【監督】ジェイソン・ムーア
【出演】アナ・ケンドリック/スカイラー・アスティン/レベル・ウィルソン

映画 「ピッチ・パーフェクト」のあらすじ

音楽プロデューサーを目指すベッカは親に勧められ、嫌々ながらもバーデン大学に入学。
ふとしたことから女性アカペラ部に入部、全国大会を目指すことに…

友達もできず、楽しみは校内ラジオ局でのアルバイト。
そんなつまらない大学生活を送っていたベッカですが、アカペラ部に入部したことで大学生活が変わっていきます。
自分を曲げないリーダーのオーブリーと衝突を繰り返しながらも、絆と友情を深めていくアカペラ部のメンバーたち。
本音でぶつかりあい、自分をさらけ出しあった彼女たちに怖いものはなし!
退屈だった彼女たちのアカペラがセクシーでゴージャスに大変身。
1人1人の魅力にあふれたラストのステージは圧巻です。

一方でガールズムービーにしては、ちょっと下品なシーンも…

全米で公開後ピッチ旋風が吹き荒れたヒット作「ピッチ・パーフェクト」。
大学の女性アカペラ部を舞台に個性的なメンバーが繰り広げるミュージカル・ドラマ。
アカペラ部の1人1人の個性がキラキラと輝く物語は、女子大生を応援するガールズムービー。
気持ちをグッと盛り上げてくれる青春ドラマです!

映画 「ピッチ・パーフェクト」の口コミ

募集中です

大学生の青春が味わえるおすすめの映画2 「ライフ・オブ・ザ・パーティ」

公開日・監督・キャスト

【公開】2018年5月11日(日本劇場未公開)
【監督】ベン・ファルコーン
【出演】メリッサ・マッカーシー/モリー・ゴードン

映画 「ライフ・オブ・ザ・パーティ」のあらすじ

夫から突然離婚を告げられた専業主婦のディアナ。
大学に復学することを決意したディアナは、娘と同じ大学に通いキャンパスライフを謳歌し始めますが…

大らかなディアナは意地悪な女子大生にもめげず、自分らしくキャンパスライフを満喫。
次第に年の離れた娘の友達からも慕われ、尊敬を集めるように。
そしてなんと大学生の恋人までゲット!
ディアナの魅力は自然体で飾らないところ。
そんなディアナの姿はどんな環境でも自分らしくいることの大切さ、そしていくつになっても輝けること、青春は若者だけの特権じゃないということを教えてくれます。

一方で、娘にしてみたら自分と同じ大学に通う母親の姿はちょっと複雑、賛否両論があるシーンも…

「ライフ・オブ・ザ・パーティ」はアメリカの人気コメディエンヌ、メリッサ・マッカーシーのパワフルな魅力にあふれるコメディ映画。
監督を務めたのはメリッサ・マッカーシーの夫、ベン・ファルコーン。
大学生活にちょっぴり落ち込んだ時におすすめしたい、笑いどころ満載、ディアナに勇気と元気をもらえる作品。
クリスティーナ・アギレラが本人役で登場するお楽しみシーンも必見です。

映画 「ライフ・オブ・ザ・パーティ」の口コミ

募集中です

大学生の青春が味わえるおすすめの映画3 「きっと、うまくいく」

公開日・監督・キャスト

【公開】2013年5月18日
【監督】ラージクマール・ヒラニ
【出演】アーミル・カーン/R・マドハヴァン/シャルマン・ジョシ

映画 「きっと、うまくいく」のあらすじ

インドのニューデリーの名門工科大学に入学したファルハーンとラージューは自由で陽気な秀才・ランチョーと出会います。
そしておバカな大学生活を繰り広げる3人でしたが…

3人が過ごした愛すべき大学生活と、卒業から10年後、行方不明になったランチョーに再会するまでを描いたヒューマン・ドラマ。
それぞれにしがらみを抱え、大学生活を送っていたファルハーンとラージュー。
ランチョーと出会ったことで、本当の自分の姿、自分の進むべき道を見つけます。
エンジニアより写真家になりたいと訴えるファルハーンと父親の姿には涙。
自殺未遂を起こしたラージューを絶対に死なせはしないと必死になるランチョーとファルハーンの姿も本当に感動的。
3人の友情には何度も何度も泣かされます。
おバカな騒動を展開する一方で、友情の素晴らしさ、人生の素晴らしさを教えてくれる大感動作。
大学生活を送る中で、自分の将来への不安を抱える人にはぜひおすすめしたい作品です。

一方で、笑いどころ満載の作品ですが、所々それはやりすぎでは?と笑えないおバカシーンもあり。
そしてインドの社会問題を取り上げたシリアスなシーンも…

「きっと、うまくいく」は映画大国インドで歴代興行収入第1位を達成、世界中で大ヒットしたインド映画。
3人の大学生を通して友情の素晴らしさを描き、一方でインドの教育問題に切り込み、自分らしく生きることの尊さを世に問いかけた作品。
インド映画お馴染みの歌と踊りも登場。
明るくて陽気、そして友情と愛にあふれた本作は、インド映画になじみのない人にもぜひおすすめしたいインド映画の名作です。

映画 「きっと、うまくいく」の口コミじ

女性の口コミ
女性の口コミ


大学で面白い仲間たちと学業や家族の悩みを共有し乗り越える友情に感動しました。恋愛のドキドキも楽しめますしハッピーエンドで幸せな気持ちになれました。皆が歌って踊るシーンが大好きで私も口ずさんでしまうほどです。泣いて笑って学生時代の青春を満喫できる最高の映画だと思います。

大学生の青春が味わえるおすすめの映画4 「22ジャンプストリート」

公開日・監督・キャスト

【公開】2014年(日本劇場未公開)
【監督】フィル・ロード/クリストファー・ミラー
【出演】チャニング・テイタム/ジョナ・ヒル

映画 「22ジャンプストリート」のあらすじ

女子大生が死亡した麻薬事件を捜査するために、大学に潜入することになった警官・ジェンコとシュミット。
大学生に扮し、潜入捜査を開始した2人ですが…

2人のおバカな警官が繰り広げるアクション・コメディ。
潜入捜査のはずが、キャンパスライフを謳歌し始める2人。
詩の朗読競技会で知り合ったマヤと恋人になったシュミット。
アメフト部のズークと意気投合、アメフト部で選手として活躍し始めるジェンコ。
特に運動神経抜群、本来の姿を取り戻したかのようにアメフトでスター選手になり、キャンパスライフと青春を謳歌するジェンコの姿は必見。
そしてキャンパスライフにも、本職の警官としてのアクションにもくだらないおバカなギャグが満載。
キャンパスライフとアクション、1粒で2度美味しいアクション・コメディに仕上がっています。

しかし、くだらないおバカなギャグは男性には受けるかもしれませんが、女性にはちょっと向かないくだらなさかもしれません。

「22ジャンプストリート」はシュミットとジェンコのコンビが活躍する大ヒット映画「21ジャンプストリート」の続編で、前作の舞台だった高校を大学へと移した作品。
残念ながら前作同様日本では劇場未公開。
しかしこのおバカな凸凹コンビのファンは多く、特に男性には人気の作品。
本作ではシュミットとジェンコの活躍はもちろん、エンドロールにも大注目。
次々と活躍の舞台を変え、2人が登場する続編の予告編になっているエンドロールは本編以上に楽しませてくれます。

映画 「22ジャンプストリート」の口コミ

女性の口コミ
女性の口コミ


なんともおバカなアメリカらしい映画です。警察官の二人が学生に扮して潜入捜査を行う内容ですが、どう見ても学生には見えない風貌に笑えます。前作では高校に潜入した二人ですが今回は大学での麻薬捜査です。捜査そっちのけで大学生活をエンジョイしていくジェンコと地味で取り残されていくシュミットの掛け合いには爆笑必至です。

大学生の青春が味わえるおすすめの映画5 「横道世之介」

公開日・監督・キャスト

【公開】2013年2月23日
【監督】沖田修一
【出演】高良健吾/吉高由里子/池松壮亮

映画 「横道世之介」のあらすじ

大学進学のため、長崎から上京してきた横道世之介。
入学式で出会った倉持と、女子学生・唯と共にサンバサークルに入会します。
そんなある日、お嬢様の女子学生・与謝野祥子と知り合い…

横道世之介と彼が大学時代に出会った人々との交流を描いた青春物語。
過ぎ去った大学生時代。
横道世之介との思い出はほんわりとした温かさと笑いに満ちた日々。
唯が妊娠してしまったため、大学を辞めた倉持から金を貸してくれと言われあっさりと「いいよ」という世之介。
自分はゲイだと告白する学生・加藤にたじろぎもせず、スイカを割って差し出す世之介。
お嬢様言葉を使い、真っすぐで純真な恋人の祥子が入院。
病室で「世之介」「祥子」と呼び捨てで名前を呼びあう祥子と世之介。
どのシーンも世之介が大好きになるシーンばかり。
素朴で誰からも愛された世之介。
大学時代は一気に出会いが広がる時。
そして人との出会いは宝物。
どんな人と出会うのか、その出会いをどうするのか。
そんなことを考えさせてくれる映画。

一方で「横道世之介」は、劇的なことがおこるわけでもなく、ただ穏やかな時間が流れる2時間40分の長編映画。
長いと感じてしまう人もいるかもしれません。

「横道世之介」の原作は吉田修一の同名の青春小説。
世之介を演じた高良健吾を始め、池松壮亮、綾野剛といった若手の実力派が出演。
中でもお嬢様女子学生・祥子を演じた吉高由里子に注目。
「ごきげんよう」と現れる吉高由里子。
お嬢様言葉を操る彼女が新鮮で愛らしく、釘付けになります。

映画 「横道世之介」の口コミ

女性の口コミ
女性の口コミ


ゆるーい雰囲気がゆったり流れているような、そんな映画です。ただ後半にズシッとくる瞬間があって、今までのゆるさが心に沁みてくるんですよね。吉高由里子のぶっ飛びお嬢様が可愛らしいし笑えるしでハマりました。高良健吾も綾野剛も池松壮亮も笑わせてくれます。この撮影、楽しかっただろうな〜。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です