「なつぞら」第15週「なつよ、ワクワクが止まらない」

なつぞら第15週「なつよ、ワクワクが止まらない」86話(2019/7/9)のネタバレ、感想

前回のあらすじ

夕見子が帰ってきすぐに夕見子節が炸裂します。千遥が来ていることを富士子から聞いて帰ってきたのでした。千遥が18才で結婚する事が納得がいかず女性が変わるためにはそれではいけないといいます。夜の寝床でなつの兄妹はヘンゼルとグレーテルに似ていると夕見子がいいます。なつが描くならそれしかないとなつに話します。

今回のあらすじ

なつと咲太郎は新宿に戻ってきました。亜矢美に千遥のことを話し、亜矢美は2人を励ましてくれます。なつは宿題になっていた短編映画に取り掛かります。坂場と麻子は意見が合わなく話がとまっていたようで。なつのヘンゼルとグレーテルの案に2人は賛成してくれました。坂場はあらすじに行き詰まりなつの家を訪れます。2人で話し合った結果、答えが見えてきました。

良かった点

坂場となつの意見があって良かったと思いました。3人の意見が食い違っていたら作品は出来上がりません。麻子はおかしいと思った事を2人に言えば、そこから新しい案が出るというとてもいい組み合わせだと思いました。

やり方は麻子と坂場は合いませんが、ヘンゼルとグレーテルをやるというゴールは同じ意見だったので、目指したいところは3人とも同じなんだとわかることができました。良いものを作りたい想いは一緒なのですね。

悪かった点

麻子と坂場の意見が食い違ってしまう所です。自分がおかしいと思った意見を出さなければ、良い作品はできないし、みんなが面白いと思えるような作品はできないと思います。でも、麻子は坂場が言ったことを全て否定形にしてしまって交わろうとしません。

脚本家を立てないという事を、脚本は作らない。と思い込んで、話を重視して決めたいという自分の意見を突き通そうとします。麻子のこうでなければならないということが、坂場にとってはこだわるところではないという事を麻子は理解しなければならないと思いました。

総評

千遥のことがあり、夕見子と再会した事で、なつの能力は最大限に発揮できるということがわかりました。なつ1人の力では何もできないのだという事。それはなつだけに限らず、私達にも言える事だと思いました。

自分だけで生きているような生き方は、うまくいきません。家族に感謝し時には助けてもらい、協力し合う。このことが現代の人達には欠けていることだと感じました。親を避け先輩の意見に刃向かう。これでは人生が上手くいくことはないと思われます。

こちらの記事もおすすめ!
「なつぞら」第22週「なつよ優しいわが子よ」

なつぞら第22週「なつよ優しいわが子よ」127話(2019/8/26)のネタバレ、感想

2019年8月26日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ なつが仕事に復帰する日がやってきました。仕事は作画監督をするのではなく、魔法使いアニーのテレビアニメの原画に戻りました …
「なつぞら」第5週「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」

なつぞら第5週「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」29話(2019/5/3)のネタバレ、感想

2019年5月7日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ 川村屋に泊めてもらう事になった富士子となつは、夕食にインド風バターカリーを宿代の代わりに食し、朝食でクリームパンを食し …
「なつぞら」第12週「なつよ、千遥のためにつくれ」

なつぞら第12週「なつよ、千遥のためにつくれ」68話(2019/6/18)のネタバレ、感想

2019年6月20日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ なつが声をかけた女の子は千遥ではありませんでした。千遥はこの家にいないと言われます。昭和21年になつの住んでいる北海道 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です