「なつぞら」第15週「なつよ、ワクワクが止まらない」

なつぞら第15週「なつよ、ワクワクが止まらない」87話(2019/7/10)のネタバレ、感想

前回のあらすじ

なつと咲太郎は新宿に戻ってきました。亜矢美に千遥のことを話し、亜矢美は2人を励ましてくれます。なつは宿題になっていた短編映画に取り掛かります。坂場と麻子は意見が合わなく話がとまっていたようで。なつのヘンゼルとグレーテルの案に2人は賛成してくれました。坂場はあらすじに行き詰まりなつの家を訪れます。2人で話し合った結果、答えが見えてきました。

今回のあらすじ

なつが提案したヘンゼルとグレーテルの短編映画の企画が通り、話し合いが始まりました。新人アニメーターの神地がなつが書いた原画を元にドンドン話を膨らませていき話が広まっていきます。しかし、麻子はやはり坂場のやり方についていけなくて仲に相談します。しかし、仲も短編映画には口出しはしないと言います。神地は話し合った事を元にすぐに絵コンテを描いてきて、坂場に見せ好評を得ます。

良かった点

新人の神地の登場で話はドンドン膨らみ出来上がっていきます。なつも坂場も楽しそうに話を想像していきます。この若い人達のスピードについていけない麻子。こうでなければならないという思い込みから抜け出さないと受け入れることはできないと思います。

こうでなければならないという事は、誰が決めたのでしょうか。坂場はそこを言いたいのかもしれません。形にこだわらず世界を広げていったほうが将来の東洋映画のためになるのだと感じました。

悪かった点

新人に麻子が押されているのですが、古いものばかりではなく、新しいものを作り出そうという話になっていっています。昔の古いやり方も残しつつ新しい事を組み込んでいくという事を坂場はしたかったと思うのですが、麻子にはそれがなかなか伝わりません。

麻子はそこを受け入れることができなく頭が硬くなってしまっています。麻子のように1人ブレーキをかける人がいることで、広がっている世界が狭まれてしまうということは勿体無いと感じました。

総評

若い人達だけで繰り広げられる世界観。そこを今までの人達がどれだけ受け入れるのかで変わるのか変わらないのかが決まってくると思います。いつまでも同じやり方でやっている会社は時代の流れに乗ることが出来ず、潰れていってしまいます。

東洋映画もこれから長く続けていくためには新しい考えを伸ばしていくことが大事なんだと感じました。しかし、今まであった古いものを全てなくすのではなく、その事を元に作っていくことに意味があるのだと思いました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です