「なつぞら」第16週「なつよ、恋の季節が来た」

なつぞら第16週「なつよ、恋の季節が来た」92話(2019/7/16)のネタバレ、感想

前回のあらすじ

夕見子は彼氏と東京に駆け落ちしてきたようです。北海道にこのままいては縛られてしまうと思ったようです。大学も辞めようかと迷っているようですが、とりあえず東京で働くと言います。とりあえず亜矢美の提案で風車で働くことになりました。坂場は井戸原と仲に呼び出され、問いただされますが、坂場は漫画映画は子供が見るという事はもう古いと反抗します。

今回のあらすじ

夕見子の彼氏の高山が風車に来ました。高山がジャズが好きだかと言ったら、亜矢美がレコードをかけてあげると言ってくれたのに、高山はモダンジャズじゃないと古いと言います。なつはその古いという言葉に反応し否定します。短編映画でも、坂場が仲に考え方が古いと言って反抗し否定して引きません。

良かった点

高山がモダンジャズじゃないと古いと亜矢美に言うのですが、亜矢美は素直に、古いです!と認めました。若者を理解しようとしているわけではないと思うのですが、自然と出た言葉に安心感がありました。

その母のような対応にほっこりしました。富士子だったらこのような柔軟な対応はできなかっただろうなと思いました。

悪かった点

昔の考え方を古いと言って反抗する若い人達。それを受け入れる事ができない年配者。亜矢美は古いです!と受け入れていましたが、自分の意思を持って仕事をしている仲や井戸原にとって、自分を否定されるような言葉は頭にくると思います。

昔の頭が硬い年配者が折れるか、新しい柔軟な考えを持つ若者が折れるのか、時代背景が見えてきました。

総評

古い考えの年配者と、新しい考えの若者。今の時代でも起きている現象ですが、今の時代は、なつたちが過ごしたこの時代の人達が変えてくれたことによって、年配者の固い頭をほぐす事ができていると思いますが、なつたちの時代は大変だったと思います。

戦争が終わったばかりで、絶望感を持って生きている人もいたでしょうし、反対に将来に向けて希望を持って生きている人達もいました。考え方にかなりの差がある若者と年配者。今後どのように戦っていくのでしょうか。

こちらの記事もおすすめ!
「なつぞら」第20週「なつよ、笑って母になれ」

なつぞら第20週「なつよ、笑って母になれ」117話(2019/8/14)のネタバレ、感想

2019年8月21日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ 咲太郎とマダムが結婚すると聞いて、なつは次の日仕事を終えてから川村屋に行きました。そこでマダムに結婚の確認をし、賛成し …
「なつぞら」第8週「なつよ、東京には気をつけろ」

なつぞら第8週「なつよ、東京には気をつけろ」44話(2019/5/21)のネタバレ、感想

2019年5月21日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ 夕見子が北海道大学に合格しました。雪月で夕見子と雪次郎となつの送別会が開かれました。照男もバターを作る勉強をし、なつが …
「なつぞら」第18週「なつよ、どうするプロポーズ」

なつぞら第18週「なつよ、どうするプロポーズ」104話(2019/7/30)のネタバレ、感想

2019年7月30日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ 1月3日に晴れ着を着て挨拶に行くという行事が恒例になっていて、今年もなつは振袖を着て挨拶に行きます。そこで大杉社長が社 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です