「なつぞら」第18週「なつよ、どうするプロポーズ」

なつぞら第18週「なつよ、どうするプロポーズ」106話(2019/8/01)のネタバレ、感想

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前回のあらすじ

坂場がなつにプロポーズをし、なつは結婚すると返事をします。長編映画に取り掛かり、キャラクター設定まで順調に進んできたのですが、なつが考えるキアラのキャラクターを坂場はなかなか納得できず、予定よりも大幅に遅れを取ってしまいます。「自分の限界を超えて欲しい」と坂場はみんなに投げかけ、なつに「早くなつが作るキアラを見せて欲しいと言います。

今回のあらすじ

なつが仕事を終えて帰る時、仲から一枚の封筒を預かり、その中身を見てみるとキアラが描いてありました。そして次の日、なつはキアラを描けなかった理由をある絵を見てしまったからだと話します。仲のキアラを見た一同は仲の実力を目の当たりにして、仲にも協力してくれるように頭を下げ、すぐに制作に取り掛かりました。風車になつは坂場を連れて行き、亜矢美にプロポーズされたことがバレてしまいます。予定よりも遅れて完成した長編映画は不調でした。

良かった点

仲と坂場が分かち合えた事です。坂場はみんなの前で仲に頭を下げることができ、なつも尊敬している仲の事をわかってもらえて嬉しそうでした。麻子がいない分ベテランのアニメーターがいない今、仲の力が発揮されるとは思っても見ませんでした。

なつが悩んで麻子の所にでも会いに行き、何かひらめくのかなと思っていたのですが、まさかの仲のキャラクターが採用されるとは思っても見ませんでした。仲は坂場に歩み寄りたくてもできなくて、なつにキアラの原画を託したのですね。

悪かった点

坂場がこだわって作った長編映画は不評だったと最後にナレーションでいうのですが、成功したら結婚するといっていたなつと坂場はどうなってしまうのでしょうか。坂場がこだわりすぎて難しくしてしまったから不評だったのでしょうか。

仲のいうとおりわかりやすく、下山の言う通り、ワクワクするものを作った方が良かったのでしょうか。この時代はなにが正解なのかがわからないアニメの世界。不発で終わったアニメもいっぱいあったのでしょうね。

総評

坂場と神地は仲を毛嫌いして反発して作った長編映画は不評だったようで、ではなぜ、テレビ漫画はヒットしたのか?そう考えると、テレビ漫画は内容は坂場が考えたのではなく、元々は違う人が考えたものに脚色したもので、坂場が未熟だと言うことが証明されてしまいました。

これからなつと坂場はどうなってしまうのでしょうか。亜矢美には結婚するような事をいっていたのですが、坂場が自分がまだまだ未熟だとかんじたとき、なつとの結婚にどう言う気持ちになるのか、今後が楽しみです。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です