「なつぞら」第19週「なつよ、開拓者の郷へ」

なつぞら第19週「なつよ、開拓者の郷へ」112話(2019/8/08)のネタバレ、感想

前回のあらすじ

バターを作る工場を造る為になつ達も会議に参加します。会議の中で反対する人がいて、失敗したらどうするのか?という問いかけに、菊介が坂場に言われた事を思い出し、「牛飼いの喜びを作らせて下さい」と優しく話します。十勝の組合長会議は満場一致で賛成に変わり、十勝支庁へ若い人達で向かいます。夕見子がテレビや新聞を呼んで事を大きくし、反対できないようにして支庁長大清水に訴え、大清水も同じ道産子として通るようにしてくれると約束してくれました。

今回のあらすじ

田辺は交渉が終わると崩れるように座り込んでしまい、夕見子と剛男が病院まで連れて行き休ませる為に入院させました。病院になつが呼ばれてバターの商標を描いてくれと頼まれなつは快く引き受けました。その後夕見子となつは雪次郎に呼ばれて雪月を訪ねます。そこには天陽、良子、門倉、倉田がいてみんな雪次郎に呼び出されたと話していると、雪次郎が新しいお菓子を持って現れました。

良かった点

坂場が十勝に来てなつと一緒に行動したことでなつがどれだけ幸せに育ってきたのかを感じているようでした。なつの幸せそうな姿を見て坂場はまた漫画映画を作りたいと決心します。

坂場にはなつが必要だったのです。落ち込んでる場合ではなく、夢に向かって動いていかなければならないのです。田辺の工場を作りたいという熱意。それを応援する牛飼いの人達。決して誰1人欠けてしまっては実現できなかった事に、坂場もまたやる気が起きたのだと感じました。

悪かった点

信哉も結婚していたことをなつに話した時。身内がいないから結婚式は2人で挙げたと言っていたのですが、そうなると、なつと咲太郎はやっぱり身内とは思えなかったのでしょう。一番先に報告したい相手ではなかったということになります。

考えてみると信哉となつ達がいたのは少しの間。信哉は1人でどうにか生きてきたので、身内はいないという答えになったのかもしれません。少し悲しかったです。

総評

工場を建てることができ、商標をなつが考えることになり、坂場はまた漫画映画を作るとなつに約束し、雪次郎は新作を作り出している。若い人達の手で今までとは違った日本を作り出そうとしている時代なんだなと感じました。

自分たちの暮らしを良くしていこうと、みんなが夢に向かって動いている姿は今の日本人に足りないところなのではないなかなとも感じ、時代の流れを変えていくぐらい大きな動きを今の若人達は今後することができるのか、楽しみです。

こちらの記事もおすすめ!
「なつぞら」第24週「なつよ、この十勝をアニメに」

なつぞら第24週「なつよ、この十勝をアニメに」141話(2019/9/11)のネタバレ、感想

2019年9月11日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ 十勝に着いたなつ達は早速、泰樹にどのように行きていたかの話を聞きます。泰樹の口から出て来た第一声は自分は幼頃に両親を亡 …
「なつぞら」第17週「なつよ、テレビ漫画の幕開けだ」

なつぞら第17週「なつよ、テレビ漫画の幕開けだ」99話(2019/7/24)のネタバレ、感想

2019年7月24日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ 坂場、茜、なつはテレビ漫画を作るために異動をすることになります。坂場は何でテレビ漫画に異動にさせられたのか納得がいかず …
no image 「なつぞら」第3週「なつよ、これが青春だ」

なつぞら第3週「なつよ、これが青春だ」13話(2019/4/15)のネタバレ、感想

2019年4月15日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ 一晩明けて、いつも通り仕事をしていると、泰樹が天陽の土地を見に行ってくれるといいます。天陽の土地を見に行った泰樹は「このま …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です