「なつぞら」第20週「なつよ、笑って母になれ」

なつぞら第20週「なつよ、笑って母になれ」119話(2019/8/16)のネタバレ、感想

前回のあらすじ

茂木社長の紹介でゴールデン街に新しく店を出すと聞いた咲太郎は反対をし、自分とマダムで店を用意するといいます。しかし、亜矢美はそれを嫌がります。なつも「次の場所が決まるまででも一緒に住みましょう」と言いますが、亜矢美はそれも断ります。

いい加減私を解放してくれとお母さんから解放してくれと言います。そして、亜矢美は誰にも行き先を伝えずに引っ越してしまいます。抜け殻になった風車からカスミがいて、「光子さんに嫉妬したくなかったから姿を消したんだ、咲太郎と亜矢美は本当の親子になったんだよ」と伝えます。

今回のあらすじ

一久となつの家に茜と神地、下山が訪ねてきます。茜が出産したら契約社員として仕事に復帰するようにと社長から言われたことに対して神地がかなり怒っていました。そして茜は会社を辞める決意をし、出産しました。出産しても仕事に戻る気は無いとなつに話します。しばらく経ってなつが仕事中に貧血になり倒れます。病院に行ったなつは妊娠している事を告げられ一久に伝え一緒にに乗り越えようと話します。

良かった点

なつが妊娠した事です。喜んでいいはずの妊娠でしたが、茜のことがあり暗くなってしまうなつでしたが、一久の支えがあって2人で乗り越えようとします。女性が結婚出産しても働ける環境を作る土台になっていくのでしょう。

一久が家で仕事をしているから可能なことなのかもしれませんが、なつと一久がどのように乗り越えていくのか今後の2人の行方が楽しみです。

悪かった点

社長が出産して戻ってきたら契約社員で働いてくれと言われるところです。今の時代だったらパワハラで訴えられるところですが、なつたちがいた時代はこんな事を言っても可能な時代だったのでしょう。

このようなパワハラに不満を持った人たちが立ち上がってくれた事で、今の産休制度が成り立っているんだなということがわかりました。

総評

茜が社長にされた事で子供ができても喜べないなつ。このような環境を作ってしまう会社に対して一久がどう向かっていくのか。なつは無事に子供を産むことができるのか?子供を産むための会社の対応と問題点を解決するための話が今回の話でした。

下山、神地、一久でどのように開拓していくのか。とても楽しみになれるような内容でした。

こちらの記事もおすすめ!
「なつぞら」第16週「なつよ、恋の季節が来た」

なつぞら第16週「なつよ、恋の季節が来た」93話(2019/7/17)のネタバレ、感想

2019年7月19日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ 夕見子の彼氏の高山が風車に来ました。高山がジャズが好きだかと言ったら、亜矢美がレコードをかけてあげると言ってくれたのに …
「なつぞら」第23週「なつよ、天陽くんにさよならを」

なつぞら第23週「なつよ、天陽くんにさよならを」136話(2019/9/05)のネタバレ、感想

2019年9月5日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ 天陽の馬に絵を見て優はママのお仕事は絵を動かすことでしょ。といいなつは涙します。天陽の父正治は離農をすると剛男に話しま …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です