「なつぞら」第20週「なつよ、笑って母になれ」

なつぞら第20週「なつよ、笑って母になれ」120話(2019/8/17)のネタバレ、感想

前回のあらすじ

一久となつの家に茜と神地、下山が訪ねてきます。茜が出産したら契約社員として仕事に復帰するようにと社長から言われたことに対して神地がかなり怒っていました。そして茜は会社を辞める決意をし、出産しました。出産しても仕事に戻る気は無いとなつに話します。しばらく経ってなつが仕事中に貧血になり倒れます。病院に行ったなつは妊娠している事を告げられ一久に伝え一緒にに乗り越えようと話します。

今回のあらすじ

なつは妊娠した事を下山と神地と仲に話します。神地がみんなでなつを契約社員にしないように社長に直談判に行こうと提案します。アニメーターみんなで社長の部屋に行き、子供を産んだ後に社員として働くことを認めてもらう抗議をします。そこで社長は次回の映画の作画監督になつを抜擢する予定だったと話し、なつはやりたいと訴えます。社長はなつの意見を尊重し産後も社でいる事を許してくれました。

良かった点

なつが今までやってきたことが報われる時がついにやってきました。作画監督になるという話です。そして、今まで一緒に頑張ってきたアニメーターの人達もなつのことを応援してくれる形になり、なつは新しい道を切り開くことができました。

仕事を辞めたくないというなつの気持ち、それを周りのみんなは応援してくれたのです、なつの信用はとても深いものなんだと感じました。なつの代わりになる人はいないということにもなりますね。

悪かった点

抗議に行った時、社長は組合のデモみたいだ。というのですが、こうでもしないと人は動いてくれないということは仲は分かっていたのでしょうか。アニメーターたちの意思を尊重したいという仲の気持ちはやはりすごいです。

なつが1人で行っていたら、社長はなつの気持ちを尊重してくれなかっただろうし、作画監督の話もなかったかもしれません。優秀な人材の芽を社長はもぎ取ってしまうところだったのです。

総評

仲たちアニメーターがやったデモは、今まで社長に辞めさせられた女性のアニメーター達の願いでもあり、トップにいるなつだからこそ成し遂げられた出来事だったのだと思いました。

麻子が本当は女性アニメーターのトップだったのに辞めてしまった。というのも会社に対しての何らかの不安があったからなのかもしれません。昔は女性が働くということに対して大変な時だったのでしょう。

次週の予告を見て一言

なつの出産と麻子の再登場。麻子が一久に「またアニメーションを作る気はない?」と聞いたところで終わったのが、次週はどうなるんだろうとドキドキしました。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です