「なつぞら」第21週「なつよ、新しい命を迎えよ」

なつぞら第21週「なつよ、新しい命を迎えよ」126話(2019/8/24)のネタバレ、感想

前回のあらすじ

陣痛が来てすぐに病院に行ったなつ。分娩室にいる間自分の陣痛を牛の出産と重ねてイメージしながら産みました。名前は泰樹に決めて欲しいとなつから言われ、泰樹は「優(ゆう)」と名付けました。そして6週間が過ぎ、なつが仕事に復帰する日の朝、別れるのが辛いなつは泣いてしまい、優も一緒に泣き、その声を後にしながら玄関を出ました。

今回のあらすじ

なつが仕事に復帰する日がやってきました。仕事は作画監督をするのではなく、魔法使いアニーのテレビアニメの原画に戻りましたが、優のことを思い出さないように仕事をこなしますが、忘れれるわけもありません。そして、約一年が経ち、保育園に入る手続きをしたなつに結果が来て、どの保育園も落ちてしまったという知らせでした。

良かった点

共働きで仕事をすることの大切さ。一久が1人で背負ってやっています。流石の一久でも完璧にこなせるわけではなく、夜も起こされ寝不足と自分の時間がなくなることで、2人ともストレスがたまらないのかドキドキしながら観ていました。

でも、一久は一年間やり通し、保育園に入れようとしても受け入れるところはない。という結果が出て、今後2人はどのようにしていくのか。麻子の所に早く行きたそうな一久を見て、なつも一久も本当に仕事が好きなんだなということが伝わってきました。

悪かった点

仕事に復帰したなつを迎えた仕事の人達。復帰したその日に、復帰しても大丈夫なのかと声をかけるのですが、大丈夫じゃなくても仕事には復帰したいし、一久が協力してくれているからこそ復帰できていることになつは感謝しなければならないと思いました。

何も協力できないのに、大丈夫か?と声をかける無責任さにちょっと変な感じがしました。男の人たちは女の人は出産したら、育児をするのが当たり前という概念がある限り、このようなことが起こってしまうのだと感じました。

総評

なつが仕事に復帰してからの一年間を後半の方はダイジェストで急ぎ足で行った今回のお話。優が大きくなるまでのことをやっていては話が進まないのでしょうが、もうちょっと一歳になるまでの過程も見たかったように感じました。

でも子育てはこの一年間だけではないので、これから一久が仕事に復帰してからが問題が起きてきそうな予感もします。とにかく、一久が嫌がらずに育児をしている姿を見て、素敵な旦那様だなと思うしかありませんでした。

次週の予告を見て一言

優も大きくなり、色々な問題が出てきそうな内容の予告で次週も楽しみです。

こちらの記事もおすすめ!
「なつぞら」第18週「なつよ、どうするプロポーズ」

なつぞら第18週「なつよ、どうするプロポーズ」107話(2019/8/02)のネタバレ、感想

2019年8月2日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ なつが仕事を終えて帰る時、仲から一枚の封筒を預かり、その中身を見てみるとキアラが描いてありました。そして次の日、なつは …
「なつぞら」第10週「なつよ、絵に命を与えよ」

なつぞら第10週「なつよ、絵に命を与えよ」55話(2019/6/3)のネタバレ、感想

2019年6月3日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ なつは咲太郎と一緒の家に暮らすことになりました。風車の亜矢美が衣装部屋にしていた所に咲太郎が、咲太郎の部屋だった所にな …
「なつぞら」第25週「なつよ、なつよ、千遥よ、咲太郎よ」

なつぞら第25週「なつよ、なつよ、千遥よ、咲太郎よ」146話(2019/9/17)のネタバレ、感想

2019年9月17日
COCO CINEMA (ココシネマ)
前回のあらすじ 千遥になつのことは誰にも話していないと言われ、千遥その場を去ろうとしますが一久と優が来てなつが2人を紹介します。なつは …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です